腱鞘炎

腱鞘炎って自分で治す事が出来るの?

 

 

 

「最近、手首が腫れて日常生活に支障をきたしている」
「指がこわばって、突っ張った感じになる」
「テニス、野球のやり過ぎで肘が痛みがち」

 

 

そんな悩みを持たれている方は、多いのではないでしょうか?

 

 

今腱鞘炎は、パソコン業務の増加により
悩みを抱える人増えています。

 

 

また、育児や介護職、力仕事やペン関連の専門職に
たずさわっている方は、昔から腱鞘炎に悩まされています。

 

 

しかし、一方で同じ様な生活スタイルを取っているのに
全く手首の痛みに悩むことなく、過ごしている方方も多く、
見受けられます。

 

 

一体、この違いはどこにあるのでしょうか?

 

 

”腱鞘炎””ばね指””テニス肘”といった手首や指のトラブルの
根本原因について、ぜひお伝えしたいことがあるのでこのまま読み進めてください!

 

 

腱鞘炎ついて、まずは知っておくべき事

 

〜原因はあなたの生活習慣にあります〜

 

”腱鞘炎”の根本的な原因として、私が経験上分かってきたことがあります。

 

 

それは、手首や肘に痛みを抱えている人の多くは、背骨の根本部分にある仙骨や
腰椎といった部分に歪みが生じており、またそれと並行して姿勢やカラダの使い方が
悪く、その負担が手首や肘に到達して局部的に疲労を起こしています。

 

 

ですので、ただ手首を使うのを休んで痛みを軽減したり、表面だけマッサージで
ほぐしても結局すぐに元に戻ってしまう傾向があります。

 

 

根本的に手首や肘の痛みを改善するには
全身の体の歪みや生活習慣上の姿勢を改善
することが、求められています。

 

 

あなたがなぜ、腱鞘炎を引き起こしているか知りたい時はこちらです。

 

 

腱鞘炎ついて、まずは知っておくべき事

 

〜今巷で広まっているのは、対処療法です〜

 

たとえば、”腱鞘炎”とインターネットで検索してみてください。

 

 

様々な、改善法やサポーターの様なケアグッズ、整体マッサージ店などの情報に行き着くと
思いますが、あなたも1つ位は試したことがある内容もあるのではないでしょうか?

 

 

あるいは既に、かなり長期的に悩んでいるため、湿布や痛み止めといった
薬に頼って改善を図ろうとした事も、あるかもしれません。

 

 

しかし、水を差す様で恐縮ですが、そういった類の改善方法は
その時は少しラクになったり、治った様な感じになるものの
また、いつもの生活をすると再発してしまう事がほとんどです。

 

 

ですので、ぜひ根本的な原因を取り除く方法を
あなたには実践してほしいと思っています。

 

 

腱鞘炎の根本的な治療はどんな方ほがあるのか?詳しくはこちら

 

 

腱鞘炎ついて、まずは知っておくべき事

 

〜湿布や痛み止め・ブロック注射は枝葉の要素です〜

 

 

最近は、腱鞘炎になるとサポーターを付けたりして
手首をかばったりしている方を良く見かけます。

 

 

さらにひどく痛む方は、整形外科に通い、湿布や薬の処方を受けたり
場合によっては、痛み止めの注射をしてもらったりします。

 

 

これも考えれば、良く分かる事なのですが、痛みを脳に伝達することを
ブロックするだけなので、腱鞘炎そのものの症状は一向に変化しません。

 

 

ですので、腱鞘炎改善の正しいステップをあなたには知ってほしいのです。

 

 

腱鞘炎を自分で改善した方の声をお聞きください!

 

 

腱鞘炎ついて、まずは知っておくべき事

 

〜西洋医学では不得意な分野です〜

 

 

医学の世界には、西洋医学と東洋医学の2つの分野があるのですが、
こと腱鞘炎の根本治療については、効果的な方法が無いのが実情です。

 

 

西洋医学は、急性の疾病やウイルス性の病気にはものすごい
効力を発揮しますが、慢性疾患には不得意な面がとても多いです。

 

 

ですので、あなたの腱鞘炎は東洋医学に基づく考え方で
改善していくのが、最速な方法と私は考えています。

 

 

自分で慢性的な首の痛みを改善する方法があります

 

 

腱鞘炎ついて、まずは知っておくべき事

 

〜まずは小さな一歩が大事〜

 

まず、セルフケアで腱鞘炎を改善していく第一歩は
姿勢改善と体の歪みの調整からの、アプローチがお勧めです。

 

 

実は、私自身も過去腱鞘炎に悩まされた事もあり、色々検証をしたり
した結果、ほとんどの症状を改善するまでに内容をブラッシュアップできています。

 

 

あなたにも、その方法をお伝えしてきますね^^

 

 

最初の1歩を踏み出したい方はここを見てください

 

 

このホームページが、あなたの腱鞘炎を少しでも軽減する事が出来ることを、心から願っています!